ブログ

Blog

美味しいコーヒーって? その3

美味しいコーヒーについての3回目になります。

今回は、『酸味』について書いてみたいと思います。

前回にも書きましたが、『酸味』を嫌うお客様は多いです。
自分でも分かるのですが、酸っぱいコーヒーはよくあります。
大体がこういっては何ですが安けないコーヒーを提供するお店さんなんかではもれなく『クソ苦い』か『すっぱい』コーヒーが多いです。
あとはサードウェーブに乗っかった西海岸寄りのお店で、キレッキレのコーヒーを出してるところとか。

前者は、一度焼いたコーヒーは鮮度が大事でその後はどんどん酸化が進んでいきます。なのに鮮度管理が出来ず古い豆でコーヒーを出しているお店、もしくは流通過程で時間が経ってしまい、所謂不味いコーヒー屋さんのコーヒー。ガラクタでは焼いたコーヒー豆は必ず3~4日以内には消費するように決めています。1週間以内でしたらこちらで意図した味わいは保てるのですが、そこは頑固に守っています。

後者は豆の品質から焼き方に拘り浅煎りの豆でコーヒーを提供しているお店。

どちらもぶっちゃけ酸っぱいですw。

ただ読んでいただいた通り両者には大きな違いがあるんですよね。
一方は豆が劣化(酸化)した酸味、片やコーヒー豆=チェリーの種である為
フルーツの様な酸味。同じ『酸味』なんですけど実は大違いなんです!

コーヒーの実

その辺を分かっていただけたらコーヒーの酸味も楽しんでいただけるかも・・・です。

SHARE
シェアする

ブログ一覧

ページの先頭へ