ブログ

Blog

African Moon JACKAL ウガンダ ルウェンゾリ

遠く離れた地、アフリカ ウガンダから、信頼関係の証として、「とっておきのもの」をこれから毎年送ってくれる。「私たちの為だけのマイクロロット」として。


グレード:ルウェンゾリ山地産 ナチュラル マイクロロット


生産地:ウガンダ西部ルウェンゾリ山東麓、カセセ市近郊 キシンガ


精製工場:キシンガコーヒーステーション [標高] 1200~2200m


精製方法:手摘み、水槽でチェリーを選別、上床乾燥/乾燥機乾燥


品種:ニアサランド、ブギス(1920年頃から)、SL28/34/14(1960年頃より)


収穫期:8月から12月 [カップ品質] ダークフルーツ、クリーミー、シロップ

アフリカの真珠と呼ばれる美しい国ウガンダが誇る冠雪山ルウェンゾリ山脈。

アフリカンムーンは、ウガンダ西部にあるルウェンゾリの麓で、標高が高く、肥沃な土壌と豊富な降雨量で、アラビカコーヒーの栽培条件としては完璧な環境で育てられたものと言えます。その中でこちらのロット「ジャッカル」は、地域のグループと⾧期的な関係を築くことを目指し、意欲的な農家に栽培の指導や管理をしている農場で生産され、同地域の他の農家にとってお手本にもなる農園です。ルウェンゾリのナチュラルは、ロットによってフレーバーに違いがあるのですが、「ジャッカル」は、他のロットに比べ、しっかりとしたフレーバーで、ワイルドな風味となっています。

当店 定番中の定番になっております、『アフリカン・ムーン』
ウガンダが誇る冠雪山 ルウェンゾリ山脈の麓で標高が高く肥沃な土壌と豊富な降水量でアラビカコーヒーの栽培条件としては完璧な環境で育てられたものです。
JACKALの名を冠するこちらの豆は、ルウェンゾリのナチュラルの中で当店の仕入れ業者さん専用のロットです。
ロットによってフレーバーの違いがあるルウェンゾリのナチュラルですが、 JACKALは他のロットに比べてしっかりとしたフレーバーでワイルドな風味となっています。

フルーティーな香りとさながら果実のような味わいをお楽しみいただけます。

こちらの豆は非常にフルーティな豆で苦みの好きなお客様はちょっと苦手かも…。しかしながらフルーティがお好きな方には間違いなくオススメできます。

SHARE
シェアする

ブログ一覧

ページの先頭へ